家を購入するなら知っておくべき4つのリスク

良い家を作る為に

家を購入するのは人生の一大イベントです。しかし、家を購入することで不幸になってしまう人もいます。つまり、家の購入にはリスクも伴うということです。

あなたはそれを十分に理解していますか?家を購入を決める前に最低ここに書いてあるリスクがあることはしっておいてください。
ここでは家を購入するときに絶対にしっておきべきリスクを紹介します。

スポンサーリンク

家の購入にはリスクがある!

家を購入するにはさまざまなリスクがあります。家を購入する前の事前知識として、最低限以下の4つリスクがあることは知っておいてください。

#1.住宅ローンをするリスク

あなたは住宅ローンについての正しい知識はありますか?

家を購入することで家庭が崩壊したり、住宅ローンを返すことができなくなり自己破産をする人もいます。銀行は年収に見合った金額しか貸してくれないから大丈夫なんて思ってはいけませんよ。実は銀行はあなたの生活レベルを脅かすくらいのお金を貸してくれるのです。

いくらまでなら借りても大丈夫か、毎月いくらまでなら返済できるかをしっかり把握しておかないと将来大変なことになってしまうので注意が必要です。

#2.金利が変動するリスク

「住宅ローンをするリスク」に関連するのですが、ここ数年以上、長期金利は1%台とかなり安くなっており家の購入に絶好のタイミングと言われています。
しかし、本当に絶好のタイミングなのでしょうか?

金利が安い状態がこれから先30年続くという保証があれば絶好のタイミングなのでしょうが、そんな保証はどこにもありません。むしろ景気が良くなれば金利が上がってくる可能性は高くなります。

これは10年固定など、複数年の期限付き固定金利、もしくは変動金利の人は、将来、金利の見直しで将来の返済額が上がる可能性が高くなるということです。

今、ギリギリの返済をしている人は、金利の見直しで家計が傾く可能性があるということを覚えておくべきです。

#3.その土地に住み続けるというリスク

家を購入するということは、一生その土地に住み続けるということです。

あなたは転勤が多い仕事でしょうか?
もしそうなら、家を購入した後に転勤になったらどうするのでしょうか?

家族は一緒にいるのが一番です。家のために家族がバラバラになるなんていう悲劇はできれば避けてくださいね。

#4.近隣住民とのトラブルのリスク

「近隣住民とトラブルになって…」

こんなニュースを一度は見たことありますよね。
家を購入した後では近隣住民は選べません。近隣住民に関しては、住んでみないと分からないという事情はもちろんあると思いますが、事前に近隣調査をしてもらうことは可能だと思います。

家は安住の地であるべきです。 できるだけ無用なトラブルを避けるためにも下調べはしっかりしましょう。

リスクを知れば家を建てるのは楽しい

不安にさせるようなことをいくつか書きましたが、不安になるのはそのリスクを知らないからです。

様々なリスクがあるということを前提に、それらに対する対処法をしっかりと身に着けておけば、安心してよい家を探せるし、将来安心して住める場所を手に入れることができます。

将来後悔しないためにも、今、しっかりと勉強をしてリスクを把握し、将来も安心して暮らせる家を購入できるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事下の上

記事下の下

ページの先頭へ