ベランダの広さは910mmで足りるのか?

間取りの注意点

間取りを考えているときに意外と見落としがちなベランダ。洗濯物を余裕で干すためにはどれくらいの幅がいるのでしょうか?まずは、910mmのベランダで外に出て洗濯物が干せるのかどうかを調べてみました。

スポンサーリンク

図面では分かりにくいベランダの広さ

横から見た図の白い四角が人の幅になります。上から見た図では910mmあればちょっと余裕もあるし大丈夫と思ってしまいそうですが、外に出て洗濯物を干そうと思うと色々と不便な点があります。 横から見た図を見てください。

beranda_910mm_zu

ここで注目なのは、寸法では910mmと書かれていても、手すりが入るので有効幅は710mmしかないことです。この幅は横から見た図を見ると分かるとおり、人が立って洗濯物を干すにはかなり窮屈な幅になります。人の肩幅は凡そ450mmくらいです。ハンガーに干した洗濯物の幅も人の幅と同じかそれ以上になるので、洗濯物を外で干していると、干し終える頃には洗濯物にぶつかりながら干さないといけなくなるのです。

実際に910mmのベランダに立ってみると?

私の家のベランダが910mmだったので、実際に洗濯物を干してみました。かなり窮屈ですよね。

beranda_910mm_01

また、足を入れて上から写真を撮ってみました。人一人がやっとの幅です。

beranda_910mm_02

この幅は、あなたの家のベランダの広さとして十分でしょうか?
実際に私の家では、洗濯物は室内でハンガーにかけてから外に出すようにしています。慣れてしまえばそれに対して特に不便は感じてはいません。ただ、布団を持って外に出た際はやはり狭いと感じます。

ベランダの広さはどれくらいあれば洗濯物が楽に干せるのか?

では、どれくらいの広さがあれば楽に洗濯物を干せるのでしょうか?まずはベランダの幅を1200mmにしてみます。そうすると下の図のようなイメージになります。

beranda_1200mm_zu

たかが300mm、されど300mmですね。上から見た図を見てもらうと910mmとは広さがかなり違うことが分かると思います。これならゆったりとはいかないかもしれませんが外で洗濯物を干すことができるでしょう。

ただ、これでもまだ余裕まではいかないと思います。ほんとうにゆったりと余裕をもって洗濯物を干したいのであれば、1500mm以上の奥行にした方が良いのではないかと思います。

スポンサーリンク

記事下の上

記事下の下

ページの先頭へ