土地探し、間口はどれくらいあれば理想的なの?

土地探しの注意点

土地を探すとき、陽当りと共に気にするポイントが間口の広さですよね。
間口は広ければ広いに越したことはありません。
でも、都会になればなるほど間口が広い土地は見つけにくいものです。
では、最低どれくらいの広さがあればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

あなたの間口選びの基準は?

土地を探す時、間口の広さはやはり気になると思います。でも、家を購入したことがないなら間口がどれくらいあればいいのかなんてわかりませんよね。

どれくらいの間口が必要になるかは人によって違います。まずは基準を知ることが大事です。あなたが今後所有するだろう車の台数とあなたが住みたい家の間取りを基準に考えましょう。

駐車場は1台で何メートルいるの?

では、車一台を止めるのにどれくらいの間口が必要なのでしょうか?

スーパーなどの駐車場は横幅1台約2.5mが基準と言われています。ハマーなど、よほど大きすぎる車で無い限り、それだけあれば余裕を持って車を止めることができるでしょう。縦幅は約6mもあれば大きめの車でも余裕で止められます。

この計算でいくと、あなたの家族が合計3台の車を所有していたら、車を止めるのに7.5mの間口が必要という事になります。隣家との境界ブロックの幅も考えると最低でも8mの間口の土地を探さないといけないということです。

家のチラシで、縦列で2台の車を止めている絵をみかけます。縦列で2台の車を止めれば、間口が狭くても良さそうに思えますが、これは実用的ではありません。後ろの車を出すのに前の車を移動しないといけなくなりますからね。

駐車場は車が駐車できれば十分ではありません。実用的に車が駐車できるかどうかに注目してください。

間取りを考えてから間口を考える

土地を購入してからそれに見合う間取りを考える。家を購入する時は土地の購入が先行するのでどうしてもそのように考えてしまいます。

しかし、望んだ家を作るためには、間取りを考えてからその間取りを置ける土地を探すというのが理想的です。まだ間取りを考えたことが無いなら一度理想の間取りを考えてみてください。

実際に間取りを考えると分かることなのですが、リビングを広くしたり、玄関を開放的にしたり、部屋を移動しやすい位置に置いたりするとどうしても家の横幅が広くなっていきます。その時に間口が狭い土地を選んでしまってはそれが実現できなくなってしまいます。

理想の間取りを持って土地を探すのと、そうでないのとでは家が完成した後の満足度が全然違うはずです。なかなか理想的な間口のある土地は見つかりませんが、理想の住宅をイメージしながら土地を探すためにも、先に間取りを考えてみることをオススメします。

家の横幅と土地の横幅はイコールではない

理想的な間取りを考え、仮に横幅7mの家を設計したとき、7mの間口がある土地で大丈夫なのでしょうか?

答えはNOです。最低でも左右に80cmくらいは余裕が必要になります。これは、建設工事の時に足場を組み立てる幅や家が完成した後、後ろに回ることを考え、最低でも歩けるスペースは必要になるからです。

つまり、理想の間取りの幅に1.6mを足した横幅が必要になることになります。余談ですが、左右それぞれ1m空いていればそこに自転車が止めることもできますよ。

理想的な間口と広さは

最近だと子供も含め、車3台以上という家庭も多いです。あなたの家庭はどうでしょうか?もしそうなら間口は最低でも8mくらいはあるのが理想です。

これは私の経験から感じた意見なのですが、間口が9m以上あるとかなり家の設計に自由度が出てきます。一度間取りを考えてみると分かるのですが、7m、8m、9mで作れる間取りの自由度はかなり違います。

良い土地を見つけたら、まずは自分たちで考えた理想の間取りが入るか検証してみてください。購入した後に土地を広げることはできません。後悔しないためにも、理想の間取りを把握しながら土地を探すことはとても大事ですよ。

スポンサーリンク

記事下の上

記事下の下

ページの先頭へ