住宅ローンはどの銀行がいい?銀行を選ぶときに知っておきたい7つの注意点

住宅購入費用の考察

住宅ローン イメージ

あなたはどんな基準で住宅ローンを借り入れる銀行を選びますか?
金利ですか?
手数料ですか?

良い銀行を選び、住宅ローンを上手に借りれば、購入資金の節約にも繋がります。
ここでは良い銀行を選ぶために注意しておくべき7つの注意点をご紹介します。

スポンサーリンク

1.金利は店頭で確認する

まずは金利の注意点です。

最近は各銀行の金利がネット上で確認できるのでとても便利ですよね。
でも、金利は必ず店頭で確認しましょう。

理由は、ネットで紹介されている金利は必ずしも実質金利ではないからです。

ネットに記載されている金利は、割引前の金利が多く、これは店頭金利と呼ばれています。
そして、実際に銀行へ行って確認すると、割引で金利が大幅に安くなることがほとんどです。
そして、割引率が適用された金利が実質金利です。
割引率は銀行により違います。
正確な金利を知るためにも必ず店頭で確認しましょう。

いろいろな銀行を候補にいれるべき

三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行など、大手の都市銀行が必ずしも良いとは限りません。
地方銀行や信用金庫なども比較をしてみましょう。

地方銀行は都市銀行に規模で勝てない分、サービスに力を入れていることもあります。
そのため、あなたの要望に応えてくれることもあり得ます。
他の銀行と相見積もりをすれば、あなたにとってより良い住宅ローンが選べるはずです。

住宅ローンを安くする方法は以下でも紹介しています。
少しでも安くて良い住宅ローンを探したいというのならこちらも参考にしてください。

▼住宅ローンの選び方を知ろう▼

2.融資可能条件を確認する

住宅ローンの融資可能条件は銀行により様々です。
これは金利、手数料よりも大事な注意点なので必ず確認しましょう。

給与振込先の制限

融資可能条件で一番注意する点は給与振込指定です。
住宅ローンをするには「給与の振込先を借入れ銀行にする」という条件が入ることも多くあります。
あなたの勤務先が候補にしている銀行の給与振込に対応していなければその時点で借入不可ですので注意してください。

勤続年数の制限

他によくある条件としては勤続年数があります。
地方銀行や都市銀行だと約1~3年、ネット銀行でも数ヶ月は勤続が必要になります。

その他の制限

その他、公共料金の引き落とし口座を借入先銀行にするというのもよくある条件です。

細かい条件も調べて、すべてクリアできるか必ず確認をしましょう。

3.団体信用生命保険の支払いを確認する

団体信用生命保険の支払いが金利に含まれるか、別途で払うのかも確認しましょう。

多くの銀行は団体信用生命保険の保険料は銀行が支払ってくれます。
つまり、金利に含まれています。
しかし、フラット35のように、団体信用生命保険が任意であるプランもあります。

団体信用生命保険が無いとあなたが万が一亡くなった時、家族が大変な思いをしてしまいます。
団体信用生命保険の有無は、自己判断せず、口頭で銀行員に聞いて確認をしてくださいね。

4.つなぎ融資ができるかどうかを確認する

つなぎ融資は住宅ローンが開始するまでの間、資金が足りなくなった時に必要なローンなのですが、つなぎ融資は銀行によってはできないこともあります。

注文住宅を買うなら複数回に分けてお金を払う事がほとんどです。
そういう時は必ずつなぎ融資は必要になります。
建売住宅でも、融資開始と代金支払いの時期にズレがある時はつなぎ融資が必要になります。

借入れ予定の銀行につなぎ融資が無いときは、つなぎ融資用に銀行を探さなければいけません。
つなぎ融資は、住宅ローンでの完済を前提としている銀行も多く、それのみのサービスを提供する銀行を探すのは大変です。

特に、ネット銀行の多くはつなぎ融資がありません。
その場合、信販会社を使い、高い金利を払ってつなぎ融資をしなくてはいけません。
無駄にお金を使わないためもつなぎ融資の有無は確認しておいてくださいね。

つなぎ融資に関する注意点は以下でも紹介していますので参考にしてください。
住宅ローンのつなぎ融資をする前に知っておきたい6つの注意点

5.つなぎ融資の回数を確認する

つなぎ融資には回数に制限がある銀行もあります。
つなぎ融資が何回できるか確認をしておきましょう。

家を購入する時は、思いもよらぬ所でお金が必要になります。
頭金が少なければつなぎ融資は多くできた方が安心ですよね。

間違いのない資金計画をする為にも、借入れ銀行のつなぎ融資の上限数は確認するようにしましょう。

6.住宅ローンの手数料を確認する

住宅ローン イメージ

住宅ローンの手数料は、信用保証会社と銀行に払います。
信用保証会社とは、あなたの保証人を請け負ってくれる会社です。
これら二つに払う手数料を確認しましょう。

この手数料には注意が必要です。
それは、信用保証会社は査定額以上の金額を貸す時は手数料が極端に高くなるのです。
今回、一番伝えたかった話がこれです。

例を出してお話しますね。

例えば、あなたが1500万円の土地を買ったとします。
そして、その土地の査定額が1200万だったとします。
1200万までは、仮にあなたが破産しても信用保証会社は確実に回収できる金額なので手数料は安く2%くらいで済みます。

1200万円 x 0.02 = 24万円

計算すると24万円ですね。

しかし、あなたが土地代の1500万円を全て借入れるとしたら、300万は査定額以上の金額になります。
この300万円に対しては、信用会社の手数料が極端に高くなるのです。

私が土地を購入した時も査定外の金額がありました。
そして、その時の査定外の金額に対する手数料は10%でした。

つまり、今回の例で言えば、土地の価格は1500万円、査定額が1200万円なので、300万円が査定外の価格になります。

300万円 x 0.1 = 30万円

査定外の価格の手数料が30万円です。
査定外の手数料だけで1200万円の手数料を越えました。
1200万円の借入れなら手数料が24万で済むのに1500万円の借入れになると倍以上の54万円になるのです。

更にひどい事に、土地の査定額は買値よりも低くなる事が多々あります。
これは、土地の実売価格と不動産評価額に違いがあるからです。
実売価格は需給にも左右されます。

つまり、需要が多い地域だと査定額よりも高値で販売されていることが多いのです。
人気校区や生活の便が良い地域の土地や建物を買うと上に書いた事が起こり得ます。

予想外の金額の支払いが発生すると一気に資金計画が狂います。
手数料がどれくらいになるか事前に確認しておいてくださいね。

7.土地ローンの支払い開始日が遅らせることができるかを確認する

土地ローンの支払い開始日は遅らすことができる銀行もあります。

土地を先行して買うと、家を建てるまでの間、家賃と土地ローンにより生活が圧迫される可能性がありますよね。
そういう状態を防ぐために土地ローンの返済開始を遅らせることができる銀行もあるのです。

土地ローンの支払い開始を遅らせることができれば、引っ越し直前まで家賃のみで過ごす事ができます。
この先延ばし期間に10万でも貯金ができれば、建物のローンの借入額を減らす事もできますよね。
こういうサービスがある銀行を選ぶと安心して家を購入できます。

土地ローンの支払い開始日を遅らせことができるかも確認もした方が良いでしょう。

金利、手数料のみでなくトータルで決めましょう

金利、手数料の注意点も含め、住宅ローンを選ぶには注意点がたくさんあります。

金利の安さや手数料の安さだけでローンを選ぶのではなく、サービスや自分の資金計画を含めて検討する必要があります。
トータルで考えて一番安心して組める住宅ローンを選びましょう。

各銀行にあるサービスを最大限に活用すれば、金利や手数料だけで選ぶよりもトータルで見ると住宅ローン安くする事もできるかもしれません。

もう一度、上に書いた注意点を確認して住宅ローン選びを見直してみてください

スポンサーリンク

記事下の上

記事下の下

ページの先頭へ