土地の資産価値から考える。土地を買うなら都会?田舎?

土地探しの注意点

あなたは家を買うときに土地の資産価値は気にしますか?

土地を売る予定が無いと土地の資産価値など気にしないかもしれませんが、実は土地を売る売らないに関わらず、土地の資産価値はあなたの将来に影響する可能性がります。

今回は、同じ値段の土地を買うとして、田舎の広い土地と都会の狭い土地、どちらの方が資産価値が高いのか考えてみます。

スポンサーリンク

資産価値を土地の売りやすさから考える

都会は人が集まるので土地が足りないことが多くなります。そのため、例え土地が狭く、条件が悪くても売り出せばすぐに売れる可能性が高くなります。

しかし、田舎では人が集まりにくいので、広さ、駅からの距離、陽当り、形などの条件が良くないとなかなか買い手が見つからない可能性が高くなります。

これは、あなたが家の売却、賃貸物件化を考えた時、田舎よりも都会の方が簡単に買い手が見つかり処分がしやすいということになります。

以上のことから、現金化しやすいという点では都会の方が資産価値が高いと言えます。

資産価値を土地の将来性から考える

私の考えでは、都会の狭い土地も田舎の広い土地も買った時点では、資産価値はほぼ同じだと思っています。

都会の20坪1000万円の土地と田舎の100坪1000万円の土地は買うには、共に1000万円が必要ですよね。つまり、その時点では1000万円の価値があるということになります。(実際は地価なども考慮しますが、買う瞬間では同じ額を払うので同じ価値という意味で考えてください)
しかし、買って数年した後では結果が変わってきます。

都会は人が集まるので街が進化していきます。 大型ショッピングモールができたり、都市開発が進めば、人気の地域になって買値よりも高く売れる可能性が高くなります。(資産価値が上がっていきます)

逆に田舎は都市開発が都会ほど期待できません。過疎化が進んでいるような地域なら、数年後には買値よりも安くしないと売却できない可能性が高くなります。(資産価値は下がります)

将来の価値を考慮すると、同じ値段の土地なら資産価値は都会の方が高いと言えます。

資産価値を将来の資金源から考える

「土地は、資産だ!」

よく聞く言葉ですが、あなたが将来的に土地を売る気がないなら、お金に変わることもないので資産だと言われてもピンと来ないかもしれません。

「お金にしないなら資産とは言えないよね」

私も家を買ったときは、土地も含めて売る気はなかったのでこのように考えていました。しかし、例え売らなかったとしてもちゃんと土地は資産になります。

土地はリバースモーゲージで老後資金になる

どうやってなるのか?
それは老後資金としてなります。
あなたはリバースモーゲージという制度をご存知ですか?これは、あなたが老後にお金が足りなくなったときに、土地を担保にしてお金を借りることができる制度です。

借りるということはもちろん返さなくてはいけませんが、返すタイミングはあなたが死んだときです。そして、その借金は土地で返します。

つまり、死んだらその土地をあげますという条件でお金を借りるのです。この制度を使うと土地を相続できなくなりますが、これなら土地が資産になるとい言われても納得できますよね。土地はあなたの最後の貯金箱なのです。

あなたが持っている土地の資産価値が上がれば、将来より多くのお金を借りることができます。下がれば借りれる額も下がります。どちらの方が資産価値が上がる可能性が高いかと言えば、上にも書いたように都会の方が可能性は高いです。

資産価値の低い田舎の土地は買わない方がいい?

さて、これまでいろいろな局面を考えてみる限りでは都会に土地を買った方が絶対に得だと思いますよね。確かに金銭的な面で見ればそうだと思いますが、田舎には田舎の良さがあります。

例えば、もしあなたが金銭的に余裕があり、絶対に土地を売るつもりが無いのなら、都会の狭い土地を買うよりも田舎の方がより安く、広い土地を得ることができます。

土地が広ければ好きな大きさの家も建てられるし、隣家との隙間も十分に持てます。ご近所に対して生活音を気にする必要がありません。静かで快適な家に住んで平穏な暮らしをすることができます。この生活には土地の資産価値以上の価値があるかもしれません。

田舎でも将来的に資産価値があがることもある

また、田舎の土地でも、住宅地がたくさん建ち始めている地域なら、将来的に新興住宅街となり、人気が出て資産価値があがる可能性も出てきます。そういう土地が分かっているのなら、田舎に土地を買っても資産価値の向上が期待できます。

お金を考えるなら都会、快適さ重視なら田舎

このように、都会にも田舎にもそれぞれのメリットがあります。私の考えでは、将来的に土地を売る可能性があるなら、資産価値の高い都会の土地、売るつもりが無いなら生活に苦にならない程度の田舎であった方が快適に暮らせるのでは無いかと思います。

私は狭く小さな家で暮らすより、資産価値が低くても自分の望む家を建てて快適に暮らした方が良いと思っています。田舎であれば資産価値の低下の心配はありますが、資産価値を気にして好きな土地に住めないのは、家を買うという本来の主旨から外れていると思うからです。

これに関しては人それぞれの意見があると思うので、意見を押し付けることはできませんが、あなたが望む最高の選択をできるよう、土地を買う前に土地の資産価値についても考えてみてくださいね。

スポンサーリンク

記事下の上

記事下の下

ページの先頭へ